タイ・バンコクの水事情(生活用水編)

前回は飲料水の水事情について書きました。

タイ・バンコクの水事情(飲料水編)

 

今回は生活用水について。

飲料水以外に日常で使う水は、お風呂洗濯など。

タイのお風呂はバスタブがなくシャワーが基本です。高級コンドミニアムならバスタブあります。

安い物件はお湯は出ないし、お湯出るところでも、日本にも昔あった瞬間湯沸かし器みたいな機械が主流で使われています。

Electric-Instant-Tankless-Water-Heaters

暑い国なので、一日2回以上シャワーも当たり前で、私も起きてからと寝る前と最低2回シャワーを浴びています。
なのでシャワー設備もかなり重要。

水圧の低いシャワーだと最悪。引越する時は必ずシャワーの水圧を確認します。
それでも日本と比べると断然水圧が低いので、シャワーヘッドの工夫も必要です。

日本の節水シャワーヘッドは非常に重宝します。しかしタイでは節水シャワーヘッドはほぼ見かけないので、日本で買って持ってきました。

 

アパートやコンドミニアムのトイレはウォシュレットの替わりになるシャワーガンと呼ばれるものが付いています。

showergun showergun2

最初扱いに困るけど、慣れたらウォシュレットより使いやすいです。
水圧もそこそこあって綺麗にお尻を掃除できます。
水圧キツすぎて血が出そうなくらいの勢いです。w

ショッピングモールや外のトイレはシャワーガンがないところもあります。
渡しは今やシャワーガンがないとスッキリしなので、携帯用ウォシュレットも日本で買って持ち歩いてるくらいです。w

 

あと、洗濯は日本とほぼ同じで、全自動ドラム式洗濯機を使っています。乾燥機はほとんど使う人いないですね。
洗剤も日本と同じメーカーのもあるし、ダウニーなど柔軟剤も豊富です。

タイ人は柔軟剤をたっぷり使うので、その匂いが最初鼻につきましたが、今や良い香りに感じる程慣れてしまいました。w

 

他に水と言えばプール
ホテルやコンドミニアムにはプールジムが併設されているのが多いので、プールの水も気になるところ。
特に塩素臭がするわけでもなく、循環浄水方式で綺麗にしているのかと思いますが、どうしても日本より汚いイメージがするので、プールの水を間違っても口に入らないよう気をつけています。

それにしてもコンドのプールはホテル並みでどこも綺麗です。
友達がコンドに住んでいるなら、是非使わせてもらいましょう。

Blocs 77 Facillity (35)

 

タイで意外と少ないのが有料の市民プール
コンドやホテルに大体プールがついてるので有料プールという施設自体ほとんどお見かけしません。

ホアヒンパタヤ大型レジャープールがありますが、入場料も高く庶民は行かないでしょう。
リゾートビーチも多いし、わざわざ泳ぐのにお金を払うことはしないんでしょうね。

また、タイ東洋のベニスと称されるほど川も多く、チャオプラヤ川を筆頭に、セーンセーブ運河プラカノン運河など、今でもボートが多く使われて庶民の足になっています。その川も茶色く濁って非常に汚いですが、子供は平気で泳いでます。

Sansab canal

セーンセーブ川の朝晩の通勤ボートは超満員なので素人にはオススメできません。
ひっきりなしに行き交うので、すれ違い様の波飛沫や揺れがすごく、観光客は最初ビビります。
年に何回か川に転落してるニュースは聞きますし、あんな汚い川に落ちたら病気になりそうです。。。

 

雨期もあるし水不足になることはほとんどなさそうですが、いかんせん海抜ゼロの土地にある首都バンコクなので雨期の大雨冠水だけは毎年避けられず苦労させられます。

flood flood02 flood03

洪水でもどこか楽しんでるのがタイらしくて素晴らしいです。

 

他に、タイで一番の水に関するイベントと言えば、そう、「ソンクラーン」ですね。
4月に国中あげての祭りで、至る所で行われる水掛けは狂気の沙汰の盛り上がりです。
一生に一度は味わって欲しいイチオシの祭り。

songkran02

 

11月には川に灯籠を流すお祭り「ロイクラトン」もありますね。
こちらもタイ人にとっては非常に大切な祭りで、日本で言うクリスマスイブのように、カップルが揃って灯籠流しに出掛けます。

Loi-Krathong-Karb-Kluay-3

 

以上、タイの水に関する情報をまとめてみましたが、いかがでしたでしょうか?

Leave a Reply