タイ・バンコクの水事情(飲料水編)

旅行にタイに来る人で、最初気になる中の一つには必ず水の問題があると思います。

もちろん日本以外で水道の水をそのまま飲めないことくらいは常識でしょうが、どこまでが大丈夫なのか分からないはず。

私もバンコク移住当初、歯磨きする時のうがいですら飲料水使うほどビビリでしたが、今や水道水で平気でうがいしてます。w

では、実際は飲料水含めてタイの水事情はどこまで大丈夫なのか気になる人に役立つ情報をまとめてみました。

 

一回目の今回は飲料水事情です。

コンビニで売られてる水の種類は非常に多く、どれがいいか悩むところ。

ネスレなどメジャーなメーカーから、タイのビールメーカーのシンハーやチャン。
現在日本から急増中のイオンのMAX VALUEのプライベートブランドの水まであります。

DSC_0135

 

私は飲料水にはこだわらないし味の違いもよくわからないので、特に何でもいいのですが、ネスレやシンハーというネームブランドだけで買ってる感じです。

ほぼどれも軟水の浄水だし、日本みたいな○○の天然水みたいなのもなく、ただの水です。
スーパーには硬水系の水や無駄に高そうなブランドの水など売ってますが、たかが水にそんな金払うとかありえません。w

スーパーやコンビニでも2本セットで安く売ってる時もよくあるので、その時に職場用に買いだめしています。

 

このペットボトルの大きさも色々あります。

siam-drinking-water

病院では一番小さいコップタイプの水が無料で飲めますし、特大サイズはデリバリーで持ってきてくれる水販売の会社も多くあります。

日本でも今ではペットボトルの水が当たり前に売られてて、水道水をそのまま飲む人も少なくなっているでしょうから、それに慣れてるなら特に気にする事もないでしょう。

また他に、観光客は馴染みがないでしょうが、水の自販機があります。

0

空のペットボトルを設置してお金を入れて水を補充するタイプの自販機は、タイに住んでる人なら必ず近くにこれがあって利用している人も多いことかと。

私も住んでいるコンドミニアムの一階にも水自販機は設置されてるので、家の飲料水はこれでまかなってます。1リットルで1Bくらいでペットボトルの水を買うより断然お徳。

どうせ同じ浄水だし、ペットボトルは容器のコストが高いから、水だけの自販機だと安いのも納得ですね。

ホテルに設置しているのは見た事ないですが、サービスアパートならありそうです。ホテルだと瓶に入った飲料水が無料で置いてあります。

毎回水を買うのが面倒な人は日本と同じような浄水器も売っています。

$_35

 

フィルターは半年から一年で買い直す必要がありますが、家で手軽に飲めるのはありがたい。私も欲しいと思いながらもまだ買ってません。

 

他にはショッピングモールの中に必ずあるフードコートの中にも無料の水は実はあります。

ほとんどの人はペットボトルの水を買ってますが、ひっそりと飲料水の機械は設置されてるんですよね。

3-23-2015-12-06-13-PM-wpcf_728x413

ちなみにこの飲料水は大丈夫ですが、使うコップはきちんと洗われていたとしても、洗う水は普通の水道水なので、気になる方はマイコップを持参ください。w

飲料水の注意としてペットボトルの水を買う時は、必ず封がされているか確認を。
今ではもうあり得ない話ですが、中身を水道水に入れ替えて売る悪い人間もまだいる可能性があります。

それより知らない人から封の開いた飲み物を安易にもらって飲まないように。
睡眠薬が仕込まれてる可能性もあり、睡眠薬強盗はタイに限らずどこでもまだあるみたいです。

 

また、氷を心配される人も多いですが、私が今まで利用した屋外の屋台の氷で、あたったことは未だにないので、現状はほぼ安全かと思います。
不安な人は屋台の水や氷は控えましょう。
そもそも食器を洗う水が水道水なので、氷うんぬん以前の問題。
最初はよく食器を拭いてから使ってました。(今は何もせず使います。w)

 

 

あと、最後にあっと驚く無料飲料水情報があります。
これも観光客は気付いていないか、気にも留めてないので存在すら知らない人も多いかと。

それがこれ。

 

p_20150902_083816

近くに寄ってみるとこんな感じ。

p_20150902_083824

手洗い場にも見えますが、これは飲める水なんです。

駅の近くの道にかなりの割合で設置されているこの飲み水場は、私も最初手洗い用でまさか飲めるとは思わず。

飲めると書いてても飲みたくないのは誰もが思ってるのか、これを利用してる人は浮浪者くらい???

この水で身体洗ってるバックパッカーも見たことあります。笑

とても清潔感があるとは思えない雰囲気だし、浄水設備も本当に大丈夫なのか疑問すぎて屋台の水でも平気な私ですら利用していません。

 

以上、タイの飲料水情報をまとめてみましたがいかがでしょうか?

暑い国なので脱水症状にならない為にも移動にはペットボトルの水は常に持ち歩くことをオススメします。

バンコク市内ならそこらにあるコンビニやお店で飲料水は売ってるので、買うのに困ることはないですが、ペットボトルの水の使い方として飲む以外にも使うことはあるんです。それはまた次回ご紹介します。

 

補足ですが、日本人と中国人の見分け方の一つして、確実なものがあります。

それは中国人はマイ飲料水ボトルを持参しています。特に年配者。

もちろん日本人でも持参する人はいます。
日本人だと保温や冷たい水を保てる象印やタイガーなどの魔法瓶タイプの携帯サイズのマイボトルですが、中国人はただのプラスチック製で口広タイプのボトル。
空港の無料の飲料水コーナーで水を補充している光景を何度も目にしています。

Drinking_water_bottle tigermmpa-e

 

まぁ、飲料水ボトルの違いより先に服装や声のデカさですぐ違いは分かるのですがね。笑

 

では、次回は「タイの生活用水のまとめ」です。
お楽しみに。

 

Leave a Reply