Blog Archive

E8661-Pattaya-water-vending-machines

タイ・バンコクの水事情(飲料水編)

旅行にタイに来る人で、最初気になる中の一つには必ず水の問題があると思います。 もちろん日本以外で水道の水をそのまま飲めないことくらいは常識でしょうが、どこまでが大丈夫なのか分からないはず。 私もバンコク移住当初、歯磨きする時のうがいですら飲料水使うほどビビリでしたが、今や水道水で平気でうがいしてます。w では、実際は飲料水含めてタイの水事情はどこまで大丈夫なのか気になる人に役立つ情報をまとめてみました。   一回目の今回は飲料水事情です。 コンビニで売られてる水の種類は非常に多く、どれがいいか悩むところ。 ネスレなどメジャーなメーカーから、タイのビールメーカーのシンハーやチャン。 現在日本から急増中のイオンのMAX VALUEのプライベートブランドの水まであります。   私は飲料水にはこだわらないし味の違いもよくわからないので、特に何でもいいのですが、ネスレやシンハーというネームブランドだけで買ってる感じです。 ほぼどれも軟水の浄水だし、日本みたいな○○の天然水みたいなのもなく、ただの水です。 スーパーには硬水系の水や無駄に高そうなブランドの水など売ってますが、たかが水にそんな金払うとかありえません。w スーパーやコンビニでも2本セットで安く売ってる時もよくあるので、その時に職場用に買いだめしています。   このペットボトルの大きさも色々あります。 病院では一番小さいコップタイプの水が無料で飲めますし、特大サイズはデリバリーで持ってきてくれる水販売の会社も多くあります。 日本でも今ではペットボトルの水が当たり前に売られてて、水道水をそのまま飲む人も少なくなっているでしょうから、それに慣れてるなら特に気にする事もないでしょう。 また他に、観光客は馴染みがないでしょうが、水の自販機があります。 …