Blog Archive

23681170

タイ・バンコクの水事情(生活用水編)

前回は飲料水の水事情について書きました。 タイ・バンコクの水事情(飲料水編)   今回は生活用水について。 飲料水以外に日常で使う水は、お風呂や洗濯など。 タイのお風呂はバスタブがなくシャワーが基本です。高級コンドミニアムならバスタブあります。 安い物件はお湯は出ないし、お湯出るところでも、日本にも昔あった瞬間湯沸かし器みたいな機械が主流で使われています。 暑い国なので、一日2回以上シャワーも当たり前で、私も起きてからと寝る前と最低2回シャワーを浴びています。 なのでシャワー設備もかなり重要。 水圧の低いシャワーだと最悪。引越する時は必ずシャワーの水圧を確認します。 それでも日本と比べると断然水圧が低いので、シャワーヘッドの工夫も必要です。 日本の節水シャワーヘッドは非常に重宝します。しかしタイでは節水シャワーヘッドはほぼ見かけないので、日本で買って持ってきました。   アパートやコンドミニアムのトイレはウォシュレットの替わりになるシャワーガンと呼ばれるものが付いています。 最初扱いに困るけど、慣れたらウォシュレットより使いやすいです。 水圧もそこそこあって綺麗にお尻を掃除できます。 水圧キツすぎて血が出そうなくらいの勢いです。w ショッピングモールや外のトイレはシャワーガンがないところもあります。 渡しは今やシャワーガンがないとスッキリしなので、携帯用ウォシュレットも日本で買って持ち歩いてるくらいです。w   …

E8661-Pattaya-water-vending-machines

タイ・バンコクの水事情(飲料水編)

旅行にタイに来る人で、最初気になる中の一つには必ず水の問題があると思います。 もちろん日本以外で水道の水をそのまま飲めないことくらいは常識でしょうが、どこまでが大丈夫なのか分からないはず。 私もバンコク移住当初、歯磨きする時のうがいですら飲料水使うほどビビリでしたが、今や水道水で平気でうがいしてます。w では、実際は飲料水含めてタイの水事情はどこまで大丈夫なのか気になる人に役立つ情報をまとめてみました。   一回目の今回は飲料水事情です。 コンビニで売られてる水の種類は非常に多く、どれがいいか悩むところ。 ネスレなどメジャーなメーカーから、タイのビールメーカーのシンハーやチャン。 現在日本から急増中のイオンのMAX VALUEのプライベートブランドの水まであります。   私は飲料水にはこだわらないし味の違いもよくわからないので、特に何でもいいのですが、ネスレやシンハーというネームブランドだけで買ってる感じです。 ほぼどれも軟水の浄水だし、日本みたいな○○の天然水みたいなのもなく、ただの水です。 スーパーには硬水系の水や無駄に高そうなブランドの水など売ってますが、たかが水にそんな金払うとかありえません。w スーパーやコンビニでも2本セットで安く売ってる時もよくあるので、その時に職場用に買いだめしています。   このペットボトルの大きさも色々あります。 病院では一番小さいコップタイプの水が無料で飲めますし、特大サイズはデリバリーで持ってきてくれる水販売の会社も多くあります。 日本でも今ではペットボトルの水が当たり前に売られてて、水道水をそのまま飲む人も少なくなっているでしょうから、それに慣れてるなら特に気にする事もないでしょう。 また他に、観光客は馴染みがないでしょうが、水の自販機があります。 …

10727540

タイのお守り「プラクルアン」

先日のバンコク爆弾テロで亡くなった方のご冥福をお祈り致します。 昨日テロの容疑者が捕まったニュースが流れましたが、本物の犯人なのかまだわかりません。早く事件解明して安心して生活できるようになってほしいです。   さて、タイ人は90%以上が仏教崇拝の仏教国。 お寺には多くの寄付が集まるので坊主は食いっぱぐれがないと言われていますし、タマに生臭坊主の事件も聞きます。 そんなタイの仏教で多くのタイ人が所持しているのがお寺のお守り。 それは「プラクルアン」と言います。   専門誌や通販サイトもあるくらい骨董的価値もあり、一部のマニアには高額に取引されています。高いものは宝石並みです。 お寺で売ってたり、熱心にタンブンすると坊主からもらえたりします。 人気があるのが、有名な高僧のもの。その高僧が死ぬと価値がグッと上がります。 個人でよく売買されていて、お寺の周辺には必ずプラクルアンのフリマ的なものが存在します。 その中でひと際多くの店が並ぶエリアがあります。 週末で人気のJJマーケットからBTSサパンクワイ駅の間の通りには多くの露店が並び、圧倒されます。 ガラクタみたいな骨董品も並び、見るだけでも楽しいエリアでJJマーケット帰りには良く歩いて通ってます。 大体個人でテーブル置いてやってるんですが、その中でも「あんたやる気あんの?」と言いたくなるような店も多くあります。 それがこれ。 ダンボールの上にプラクルアン並べて地べたに座って売ってる人。 もう少し売り方考えろよと。アドバイスしたくなるほど。 この写真はまだマシで、ダンボールの上に1つ2つプラクルアンを置いてるだけの店もある。 …

snowtown

バンコクに雪が降る SNOW TOWN @GATEWAY

タイ人の日本で見たい風景と言ったら、 1、桜 2、雪 3、紅葉 と、万年夏のタイでは見られないものばかり。 その憧れの一つ「雪」がとうとうタイでも見る事ができるようになった。 その場所はBTSエカマイに隣接している「GATE WAY」というモールの最上階。 その名は「Snow Town Gateway Ekamai(スノータウン)」 http://www.snowtown.co.th/en/ 人口降雪機を日本の兵庫県の企業が協力して、北海道の人気ラーメン店なども入って日本の冬を味わえる空間になっている。 そもそもこの「GATE WAY」は日本をテーマにしているので、日本の飲食店が多く入ってるが、出来てから飲食店以外はずっと閑古鳥状態だった。 失敗のモールと言われていたが、この「SNOW TOWN」のお陰で急速に人気のモールになりつつある。 外から見る限りではかなりの客が入っていた。 北海道ラーメンを食べながら中を見ることができたし、それで満足。 …

a0021565_15301718

タイの女子学生ファッション

タイの女子学生は綺麗な子が多いですが、身体にフィットするかなりタイトな制服がさらに美しさを際立たせています。 シンプルなデザインだけどシルエットが美しいので、日本でも通販で売られているくらい。 けど良く見るとおかしな点が一カ所あるんです。   それは、ベルト。 よく見るとスカートにベルト通しが着いていません。 でもベルトを付けています。 何故????   というのは、女子学生の制服のスカートのウエスト部分はゴムなんです。 なのでベルト通しがついてない。 けどベルトあったほうがお洒落。 という理由で、ファッションの為に無理矢理ベルトを巻いています。 もちろんベルト通しがないので、普通に巻いてもズリ落ちるだけ。   それを解消すべく編み出されたのがこちら。 ベルトとスカートを固定するクリップ。 この写真のはそれ専用で発売されているものですが、他にも意外なものが使われています。   それはなんとこれ! …

5743203576_a4cf199a46_b

タイ人の場所取りテクニック

ランチやディナーの時間帯のショッピングモールにあるフードコートはまさに戦場。 食べるテーブルの場所取り合戦になるが、その手法が日本とは異なり最初衝撃を受けた。 日本だと、二人以上なら誰かが席を確保したらそこで留守番。 一人なら貴重品を持ってカバンなどを置くのが一般的。 海外で席確保にカバンを置くのは、いくら貴重品入ってなくても危険。 タイもショッピングモールなんかは治安良いほうなんでカバン置いてても 大丈夫と思うが実際は誰もカバンで場所取りなんてしない。 では何を置くのか??? それは、、、 一番多いのはペットボトル。 あとはビニールに入れた食べ物など。 こんなの日本だったらゴミと思われて捨てられそうだけど。。。 もっとすごいのが会社の社員証を場所取りに使う! 社員証って会社のセキュリティキーでも使われることも多いのに それを場所取りに使うとか日本人ならあり得ない。 というより、バンコクで初めて働いた会社では、社員証は肌身離さず 絶対取られないようにと口酸っぱく言われていた。 そんな大事なものを平気で場所取りに使うとは流石。 フェイスブック・LINE・インスタなど人気のタイでは、顔写真や 個人情報を隠さずガンガン晒してる。 …

Kuala_Lumpur_Petronas_Towers-full

タイと隣国マレーシアとの違い

先日マレーシアはクアラルンプールに行ってきた。 マレーシアはタイの南側にあるお隣さんの国。 同じ南国だが、似てるようで文化も風習も宗教も異なる。 タイより異国感溢れるこの国はタイとどう異なるのか検証してみた。 マレーシア 首都:クアラルンプール 総面積:33万平方km 総人口:約3000万人 首都人口:約160万人 言語:マレー語 通貨:リンギット RM 宗教:イスラム教(61%)、仏教(20%)、儒教・道教(1.0%)、ヒンドゥー教(6.0%)、キリスト教(9.0%) 民族:マレー系(約65%)、華人系(約24%)、インド系(印僑)(約8%) タイ王国 首都:バンコク(クルンテープ) 総面積:51万4,000平方km 総人口:約6900万人 首都人口:約1000万人 言語:タイ語 …

IMG_6290

アソークのスポーツジム、【24/7work out】に行ってみた

こんにちは。 体型が気になるこの頃。 日本でウワサのジム、「24/7work out」がバンコク、アソークにも出来たということで行ってみた。 普通のジムとは違って必ずマンツーマンで、元ボディビル日本代表とか、 元プロレスラーでアメリカの大学院でスポーツ学を学び、トレーナー資格を取得したとか・・・ なんだかすごい人ばっかり・・・ 怖い人だったらどうしようと思ったけど、皆さん親切。ww 食事指導もラインで写真のやり取りしながらすごく丁寧に指導してもらえるから、 挫折しにくいと思う。 しかも結果が出なければ返金保証だって。 でも今までほとんど結果が出なかったことが無いから、返金保証になったことがありませんって。 すごい・・すごい自信だ。 バンコクに出来てまだ3週間なのに3kg減量してるひともいます!!とか・・ ほんまかいやと思いながら、いざアソークへ。 最初にアミノ酸ドリンクが出てきた。 これも毎回出るらしい。 驚いたのは、ジムに行くのに手ぶらで行けること。 服やタオルも貸してもらえるし、アミノ酸ドリンクだけじゃなく、 終わった後には毎回プロテインドリンクが。 …

semiritaia4

早期リタイア

こんにちは。 タイには50代くらいで早期リタイヤして日本を離れて暮らしている人がたくさん居る。 正直すごくうらやましい。 早期退職金があって、しばらくしたら年金もあって。 物価も安いからゴルフしてお稽古事とかして、仕事しなくても生きていける。 でも、それも少し前までの話なんじゃないかと思う。 チェンマイやバンコクから少し離れたとこだったらもっと節約できると思うけど、 バンコクに住んでいると結構お金がかかる。 一人で住んで節約すれば2万バーツもしくは2万5千バーツとかで暮らせるけど、 それでも日本円にすれば8万円くらいはするし、決して安くないと思う。 他の人にとって約2万バーツで生活することが安いか高いかわからないけど、 極端に切り詰めて生活も辛いし、新しい服や靴を時々買ったりすればこんなもの。 ただ生きてるだけの人生はつまらない。 一人で生きる人生もつまらない。 あんまり切り詰めることなく悠々自適なリタイヤ生活を送りたい。 そのために今頑張りたいなと思う。

kokusaikekkon

国際結婚

こんにちは。 国際結婚なんてめずらしくない。 でも自分がするとは思わなかった。 海外生活。 これもめずらしくない。 でもこれも自分が永住予定で海外生活するとは思わなかった。 出会ったのも日本だし、相手も日本に住むと言ってたからずっと日本に住むもんだと。 国によるのかもしれないけど国際結婚の手続きって面倒。 なれそめのレポートも書いた。 何年何月に出会ってとか・・・ 私たちは日本で最初に籍を入れたから、手続きが多かったみたい。 タイで先に籍を入れたほうがもっと簡単にすむらしい。 ※違ってたらごめんなさい 国際結婚ももっと簡単な手続きになったらいいのに。 あ、でも普通は何回もしないからいいのか。www フランスとか同棲婚が多いらしいけど、タイでも意外と多いらしい。 それでもいいかなって思う。 でも外国人だとビザがないと結婚生活するにはやっぱり不便だけど。 結婚して籍を入れるって足かせに似てると思う今日この頃。 足かせだと思うと重たくてわずらわしくてしかたないのに、 …