Blog Archive

フィリピンで1万2660人を買春した日本人校長

こんにちは! 毎朝新聞を読むのが日課の私も、この記事には驚愕しました! いっ1万2660人! なんという多さ。。。日本人男性が東南アジアの新興国で買春して、などの記事はたまに掲載されますが、これほどの多さは過去にも例がないのではないでしょうか。 記事詳細はこちら↓ http://www.sankei.com/affairs/news/150420/afr1504200001-n1.html   64歳、日本人女性と結婚済、教育者という聖職者、BMWを乗り回す富裕層。。。 いやーこんな人もいるんですね。まさに絶倫かつ、性的異常者(病気?)といったところでしょうか。 ですが、現地の女性はこんなことを言っているそうです↓ http://news.livedoor.com/article/detail/10029191/   彼は皆に好かれていた。女の子の学費の援助をしていたこともある。フィリピンに帰ってきてほしい。 日本では異常者と罵られるが、貧しいフィリピンでは好人物となる。 まさに豊かな日本と貧しいフィリピン(一部)との価値観の違いですね。     さて、この記事を読んで皆さんはとっても驚かれたと思います(^_-)-☆ ですが、東南アジアの闇はこんなものではありません。 この記事を読んで、私がすぐに思い出したのはあるタイ・チェンライのNGOのことです。 …

チェンライ観光(*_*)

こんにちは! 最近よくチェンライに遊びに行くのでチェンライのチェンライ情報をお届けします! チェンライと言えば、最北端の県でミャンマーとラオスとの国境があります。 国境付近は川やら山やらになっていて、 川ならゴールデントライアングル、山ならプーチーファーが観光地になってますが、 今回はチェンライの市街から近い観光スポットを色に分けてお届けします。   ①Wat Rong Khun(ワット・ロンクン)   いわゆる白いお寺です。とにかく真っ白です。 このお寺は審判の日をイメージされて作られているので、よく見ると地面から無数の手が伸びていたり、 白い骸骨が置いてあります。本堂の中も、なんというかカオス(*_*;。。。 ドラえもんやらスパイダーマンが戦ってます。 街から近いんで、チェンライといえばココっていう観光スポットです。   ②Wat Phra Kaeo …

プーチーファー at Chiang Rai☆彡

こんにちは! 先週末にタイ最北部のチェンライへ観光に行ってきました∠( ゚д゚)/ チェンライはラオスとミャンマーとの境がある県で、ミャンマーへはメーサイ国境検問所から入国することもできます。 メーサイは昔人身売買や児童買春で有名になったところですね。。。今は摘発されて全く見かけませんが。 チェンライの街の中はほとんどが北タイ人と呼べれる人々ですが、 ちょっと行けば山岳地帯で、そこに住んでいるのは山岳民族と呼ばれる少数民族です(^^) いわゆる首長族と呼ばれるカレン族やモン族、ラフ族など、非常に多くの山岳民族が生活しています。 といっても文明の流入で、民族衣装を着ているのは観光地化している村だけなんですけどね。 そんなチェンライにあるプーチーファー(Phu Chi Fa)と呼ばれる景色の綺麗な観光地に行ってきました。 ここはバンコクに住む都会人たちも、遠路はるばる初日の出を見に来るほど、有名なView Pointです! 僕は流石に日の出を見る体力が無かったので、普通に景色を見に行っただけですが、かなり綺麗でした☆彡 ここまで自力で行くのはちょっと大変なので、チェンライから出てる観光ツアーに申し込むのをオススメします!