タイ正月ソンクラン水掛け祭り攻略

Songkran-Water-Festival-Thailand-1

サワッディーピーマイタイクラップ!

2015年のソンクランも無事終了しました。

例年通りのキチ●イっぷりな水掛け祭りでしが、まだ未体験の人に水掛け祭りの攻略をアドバイス。

まず水掛け祭りは地域によって開催時期が異なります。
11月頃のロイクラトンも地域によって時期がズレるのと同じ。

ほとんどの地域は同じ日に開催で、今年の水掛けは13日〜15日まででした。
パタヤは16日から20日まであるそうです。バンコクと時期をズラして観光客を誘致しようとしてるのでしょう。
バンコクで参加できなかった人、もっと水掛けを楽しみたい人は今日からパタヤに移動ですね。

バンコク市内でも水掛け祭りの会場はいくつかあります。
その中でも多くの観光客やタイ人が行くエリアをご紹介。

1、シーロム 開催時間:昼過ぎ〜終電近くまで
(エリアの広さ:★★★★★ 混み具合:★★★★★ 利便性:★★★★★ 総合:★★★★★)

2、サイアム 開催時間:昼前〜日が暮れるまで
(エリアの広さ:★★★ 混み具合:★★★★ 利便性:★★★★★ 総合:★★★★)

3、カオサン 開催時間:15時以降〜深夜明け方
(エリアの広さ:★★★ 混み具合:★★★★★ 利便性:★★ 総合:★★★)

 

これら3つの会場は子供から大人まで幅広い年齢層が行きやすい場所です。
他にもRCAというクラブ密集エリアもやってますが、ここは大人の男女が楽しめる場所ですね。
それぞれのエリアには特徴があるので詳しく紹介します。

シーロムは、BTSサラデーン駅高架下のシーロム通りが歩行者天国になり、そこを中心に隣のスリウォン通りまで
非常に広範囲のエリアで行われます。地下鉄シーロム駅からも降りたらすぐ会場です。

img_1889

時間帯は昼から終電近くまでやっており、駅から降りてすぐなので利便性も良いので一番人気の場所です。
食べ物屋台も多く出ており、ちょっと休憩で水のかからない場所でゆっくりご飯も食べれます。
シーロムでマイナスポイントと言えば、とにかく場所柄、道が汚いこと。普段からでもゴキブリやネズミなど
一番多くでるエリアで、水浸しになった時の汚水度は一番高いです。あと水鉄砲用の水が10B〜有料なので
頻繁に補充すると高くつきます。
歓楽街の為、観光客が一番多いエリアでもあり、混雑度も時間によっては進まないくらいですが、
それでもまだ逃げ道の小道も多く、トイレもホテルや店のを使いやすいので総合ポイントは5つ星
で一番オススメのエリアです。

サイアムは、BTSサイアム駅から歩いてすぐのサイアムスクエアという若者が多いエリアにあります。

img_1882

封鎖された会場のエリアは入る場所が限られてるので、そこを知ってないとどこから入ったらいいか悩みます。
去年できたサイアムスクエア1という駅直結のモールの中を通って会場に入るのが一番空いてる行き方です。
エリア自体はさほど大きくはないですが、若者の街だけあってタイ人若者が一番多いエリアです。
観光客もいますが圧倒的にタイ人が多いですね。
特徴はエリア内に点々と舞台が設置されていて、スポンサー企業がイベントをやっていたり、タレントが司会で
ゲームを開催しています。
観客が舞台に上がらされてダンスしたりノリの良いタイ人も多く見てて楽しいです。
イベント場所が一番混むので歩きも進まなくなりますが、それも両端の歩道は歩きやすいです。
一番の高ポイントは補給の水が無料なこと。
混むのでなかなか水を補充するのに時間かかりますが、無料なのはありがたい。
何度も補充して思う存分水掛けを楽しめます。
混む時間帯は日中の暑い時なので夕暮れで日が沈むと皆シーロムなどの別のエリアに移動し始めます。
日中メインなので服もすぐ乾くし暑いので水かぶったほうが気持いいです。
水はけも比較的いいので道路に溜まった汚水も他の2カ所より断然マシ。
昼間はサイアム、夜はシーロムと電車の移動も便利で、この二カ所を同時に参戦もできるのでオススメです。

カオサンは、バックパッカーの聖地で有名で、場所柄ファラン(白人)が多いです。

img_1951

最寄りの駅はなく、タクシーやトゥクトゥクを利用しないと来れないし、ソンクラン時期はボッタクリも多く利便性は最悪。
バスに乗れる人なら問題ない
でしょうが、観光客でバスに乗れる人は少ないでしょう。
カオサンの利点と言えば、王宮やお寺が近いこと。
一応タイの正月なのでお参りする人も多く、王宮広場ではイベントもやってるので、昼間はタイ人が多く押し寄せます。
王宮広場からカオサン通りまで多くの屋台も出るので水掛け以外でも楽しめます。
カオサン通りまでの道は超激混みです。
会場周辺はサイアムやシーロムより小道も少ないため出入口も限られており、どこも混雑してるので、人の流れも止まってるかのような感じです。
RCAの人気のクラブも激混みなので、それと似てますね。
エリアの広さはシーロムに続いて2番目に広いですが、メインのカオサン通り以外の道まで水掛けはやっています。
カオサン通りのみだとサイアムと同じくらいの規模かな。
しかし逃げ道のあるサイアムと違い、激混みで進まない戻れない、ギューギューで水掛けもする余裕もなく両サイドの
お店の人たちから一方的に水掛け攻撃をくらいます。
そもそも私はカオサン自体あまり好きでないので、個人的にはオススメしたくはないですが、王宮などの観光も兼ねてなら
ここもいいかもしれません。
カオサン通りのホテルに泊まると、ホテルの窓から混雑して動けない人達に一方的に水掛けできて気持ち良いのかも。
夜までは参加したことないので分かりませんが、恐らく深夜明け方近くまでやってそうです。
そんな時間は酔っぱらいも多いでしょうし、トラブルも多いエリアかもしれません。
酔っぱらいの裸の外人も多く出没するらしいです。w

以上、3つのエリアを紹介しましたが、小規模なものならどこでもやってます。

特にヒドいのはローカルエリアの道路で、バス停に水掛け部隊が待ち構えており、バスが停まってドアが開いた瞬間に水をぶっかけたり、
バイクに乗ってる人にも容赦なくバケツ水をかけます。事故が多いのはそのせいでしょうね。w

絶対濡れないで歩ける場所を探すほうが難しいので、ソンクランの期間中は必ず防水ケースに携帯を入れるのが当然の自衛。
それをせずに携帯が濡れて故障しても誰も補償してくれませんのでご注意ください。

顔面に水を掛けられても笑顔で返すくらいの気持ちがないと、ソンクランは楽しめません。
来年も絶対参加したい!

Leave a Reply