橋下さんが提案した大阪都構想って、そんなにダメなの?

Screen Shot 2558-05-27 at 18.15.52

先日橋下市長が提案していた、”大阪都構想”というのもが否決されましたが、

僕には何故ダメなのかがよく分からないので、文句たれてみることにする。(;一_一)

あ、”大阪都構想”についての詳細情報は、下記URLから見れますよ。

↓↓

http://oneosaka.jp/tokoso/

さて、”大阪都構想”について、

大阪市民でもない僕が何でこんな所で書くかと言うと、

『なんでみんな、変化を嫌うの?』

っていう1点だけが、気になるからである。(・∀・)

今回は、具体的な新案の良し悪しを図るというよりも、

今の段階では、具体的に削られる予算等について何も言及されていないため、

『こういうのやりたいんですけど、どうですか?』

っていう、漠然とした提案に過ぎない。

せっかく、

『こうしたら良いのではないか。』

という提案があったのに、

皆さんは、

『いや、とりあえず断る。』

という訳ですよね。

なんか変じゃないですか。

まぁ、実際は、外から見ているとそう見えるだけで、

自分が改革の対象住民になると、

『今までの生活が脅かされたらどうしよう。』

という不安が先に立つものなのでしょう。

その結果がこの否決という事ですね。

ただ、今後の日本を良くするには、

ちょっとした冒険心も必要なのではないだろうか。

というのが僕の意見。

話は少し逸れますが、タイで働いていると、

日本人の危機管理能力には目を見張るものがあります。

『これをしたら、こうなるかもしれない。』

『あのままでは、ここがトラブルになりかねない。』

などという思考を常に動かせるのは、

日本国民の特技のようなものではないかと思います。

これは仕事を進める上で、非常に有用です。

ただ、その長所と引き換えに、

『とりあえずやってみる。』

という、変化や改革に対応する冒険心が弱くなっているのではとも思う。

今回の件で、僕自信も自分の可能性にリミットをかけていないか、

変化を怖がっていないか、改めて考えさせられたし、

今の日本の特徴的な姿を見た気がした。

変化をするというのは怖い事だけど、

バンコクのように、目まぐるしく変化をし続ける街で暮らしていると、

それが本来の姿なのだろうと、受け入れる事も必要だと感じる。

古き良き文化や、景色がと失われ、

経済性を追求した、心のないもので溢れていく。

無情だけど、誰も止められない・・・(;O;)

という事で、以外と長くなってしまったけど、

気になったので書いてみた。(^_^;)

これを読んでいる皆さんは、どう思っているのだろうか。

最後に、橋下さんは本当にこの案が日本のためになるというのなら、

死ぬまで大阪都構想を提案し続けて欲しいものだ。

といっても、

そこに一生を使う程のメリットが橋下さんにあるとは思えない。か。m(_ _)m

Leave a Reply