バンコクのクラブ・スクラッチドッグについて

こんにちは。

今回はバンコクのアソーク近くのクラブ、スクラッチドッグ(Scratch Dog)について。

scratchdog

このクラブも他の日本人の方のブログでも紹介されていることが多く、

恐らく日本人の方にとってはRCAと並んで広く認知されているバンコクのクラブだと思います。

場所はスクンビットソイ20に入って数十メートルのところにあるホテル、

”ウィンザー・スイートホテル”の一階奥です。

エントランスは一階ですが、そこから地下への階段が降りていて、

クラブのフロア自体は地下一階に位置しています。

 

バンコク在住や旅行でよくバンコクに来られる日本人に広く知られている理由として、

日本人の多いスクンビットエリアのアソークにあることと、もう一つ、

そこに来る女の子が、”夜の仕事をしている率”が非常に高く

総じて他のクラブに比べると簡単にお持ち帰りが出来てしまうことが多いことが挙げられます。

 

去年の反政府デモやその後のクーデターで戒厳令がしかれていた間は閉店が2時・3時に

なっていた時期がありましたが、そうでない時には朝の5時、6時まで開いていることがザラでした。

閉店時間が遅いため、夜中の2時近くに仕事が終わるソイ・カウボーイやナナプラザ、

またタニヤなどで働く女の子達が数多く集まっており、それに対して男性は仕事終わりの彼女たちを

ナンパしてお持ち帰りを狙う外人の比率が非常に高いです。

盛り上がりのピークは午前2時くらいですね。

旅行で来て、ゴーゴーやカラオケでいい子が見つからなかったからここでゲットしてやるぜ!!

って感じでナンパしまくってる日本人の人とか結構居ます。笑

 

僕が初めて行ったのは6年位前でしたが、その時は旅行中に仲良くなった

タニヤのカラオケの子達に連れられて来ました。

当時は白人と日本人の男性客比率が高かったイメージですが、

2年ちょっと前からは日本人と白人がどんどん減り男はほとんど韓国人になってました。

最近また久しぶりに行ったら、シンガポール人や中国人とかも増えてましたが、

タイ人の男の人も結構増えててびっくりした覚えがあります

 

ただ女の子は相変わらず夜の仕事の子の比率が高いですね。

特に格好も派手なゴーゴー嬢が多いイメージです。

高級カラオケの子とかは雰囲気も普通の人達と変わりませんのでローカル系クラブに

行くことが多いみたいですが、明らかに見た目や服装が派手なゴーゴー嬢たちは、

週末にローカル系クラブに行くと周りのタイ人に見下された目で見られる感じが嫌で

スクラッチドッグという選択肢しかなくなるようです。

まあここで詳しく話してもしょうがないですが、

タイ人同士の間でも色々と住み分けがされているんですね。

scratchdog2

さて、ではスクラッチドッグの良いところ悪いところをまとめてみます。

良いところ

・他のクラブに比べて遅くまでやっていることが多い

・それなりに頑張れば女の子をお持ち帰りできることが多い。

※後からお金を請求されてしまう場合もありますので、それが嫌な方は

クラブに居る間に相手の温度感をしっかりと見ておきましょう。笑

・フロア内でタバコが吸える。

・店員がフレンドリーな人が多い

悪いところ

・いつも同じ女の子ばっか

・あんまり可愛い子はいない

※すごい可愛い子は、居たとしても大体お客さんと来てる

・午前2時までのDJは毎回同じ曲を流している

僕の主観ですので賛否両論あるでしょうが、こんな感じでしょうか。

 

旅行で来ていて限られた時間の中(一晩)で戦わなければならないが、

どうしても結果を残したい(お持ち帰りしたい)という人にはオススメできます。

綺麗なフロアで最新の流行曲を聞きながらガンガン踊りたいという人には

あまりオススメできません。

結構好き嫌い別れるでしょうねー。

 

それではまた。

Leave a Reply